「カルピスのCMから」

普段テレビはあまり見ないんですが、この前テレビを見ていた時のこと。

CMが流れ、僕は漠然と「ああカルピスのCMかー」思いながら画面を見ていました。

そんなに集中して見ていたわけではないのですが、そのCMの最後の方になって、ペットボトルのカルピス、そしてカルピスの文字が映りました。


この時になって僕は驚きました。

カルピス本体も文字も出る前から、僕はこれがカルピスのCMだとわかっていたからです!


そのCMは、海の近くで男女が青春!という雰囲気で遊んでいて、遊び疲れた女の子ひとりが寝転がり、そこに男性が現れペットボトルのカルピスを渡す、というもの。


カルピスそのものを出す前から、カルピスのCMだとイメージできる作りにする。

これって結構すごいことではないでしょうか。


青春、爽やか、女の子・・・・

こうしたイメージから、それがカルピスのCMだと思ったと思うのです。


もしも、CMのイメージがころころ変わっていたら、カルピスが出てくるまで、それがカルピスのCMだと気付けなかったことでしょう。

ずっと一貫したイメージで作っているからこそ、こういうことが可能なんだなと。


リンゴマークが見えなくても「あ、これ新しいApple製品かな?」なんて思ったり。


自分も、「謳歌-Ouka-はこういうひと、こういうショーをする」という強いイメージを与えられたらいいな、なんて思います。



Ms. M
II saw you on the TV show World Great TV (sekai-marumie). I heard that you also had a chance to talk to Mr. FUJIWARA, and I wanted to see that as well. Rola was so funny! My school friends said they saw you as well. I'm looking forward to see you on the coming stage show!

>>To a reactions list