謳歌-Ouka-のショーはリングアーツをはじめとしたオプティカルイリュージョン(視覚芸術)です。
決まった流れのみ、ではなくシチュエーションに合わせて、1分から60分まででショーを構成します。
ここでは彼のベースとなるパフォーマンス作品を紹介します。
Web上では公開していないものもございますので、映像をご希望の方、ショー実施の際に御要望のある方はこちらからお問い合わせください。

5秒間の技

お客様との心の壁を壊すネタ。

ショーのパターン

ここではショーの一例をご紹介します。

(大同生命様パーティー サプライズ出演時)


1.会場がゆっくりと暗くなる(パフォーマーはまだ姿を見せない)

2.スクリーンに、謳歌-Ouka-がこれまで出演した国内外のテレビのダイジェストが流れる

3.ステージゆっくりと照明がつくと、先ほど映像に出ていた謳歌-Ouka-本人が立っている

4.オープニングのリングアーツを披露

5.ご挨拶

6.テレビ出演時のように、お客様にリングアーツ体験

7.お客様も必ず触れたことのあるものを使った「 of me」、スピード感と一体感の「EURO!」ふたつ続けて披露

8.フランス国営放送で演じたリングアーツウィズミュージックノートを再現

9.ステージショー終了、各テーブルにてご挨拶と写真撮影


このケースは、

・謳歌-Ouka-のショーはサプライズ演出にしたい

・女性二名に体験させて欲しい

・ステージショーだけでなく、テーブルまで来て一緒に写真を撮ってもらいたい

という御要望がありましたので、このような形をとらせて頂きました。



今日は美濃加茂のアピタで観させていただきました。。
謳歌さんのパフォーマンスを観るのは静岡ぶりなのですが、一回目と二回目の内容がみんな違っていてとても楽しかったです。
特に二回目の何度も観たことのある『透明』がなんだかいつもと違っていて、やっていることは同じなのに、まわりの空気感が違うというか、あの場所だけがまわりから切り離された違う空間になっていたように感じました。
うまく文章で表せなくてすみません。
明日のアピタ江南西も二回目しか観れませんが楽しみにしています。
Posted by Aさん at 2012年01月01日 22:56

>>お客様の声一覧へ